2015年08月03日

8月5月(水)野菜表&火を使わないレシピ

みなさん、こんばんは。
ハーモニック・トラスト お客様サポートの山崎です。

いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

今日は知らない方にはちょっとビックリなレシピかもしれません♪


野菜は生のまま食べられるものと加熱してから食べるものがありますよね。

トマトは生のまま食べられます。
じゃがいもは加熱して食べます。


ではズッキーニはどうでしょう?
なすはどうでしょう?

新鮮なものは生でも美味しいんですよ〜♪

今日はちょっと余った野菜を使って
生で作るラタツトゥイユをご紹介したいと思います。


料理をしていて
ちょっと余った野菜たち……。

どうしようかなあっと思いつつ
適当な大きさにカットして塩をふってタッパーに入れておいたんです。

そのまま浅漬けみたいに食べても
オイルをかけてサラダみたいにしてもいいなあっと思って。

でも、次の日に完熟トマトがあったので
これと和えてみることにしました。

そしたらなんだかラタトィユに見えなくもないぞっと。

ちょこっと調味料をを足してみると……。


あら?火を使わないで出来ちゃうじゃない!
っということで今回のレシピに決定♪


さっぱりラタトィユ

021.jpg

<材料>
・なす        中1/2本
・ズッキーニ    大1/2本
・ピーマン      小1個
・トマト        中1個
・塩          適量
*オリーブオイル 大さじ1
*甘酒       大さじ1
*酢         小さじ1
*豆味噌      小さじ1/2弱

<作り方>
@トマト以外の野菜を適当な大きさにカットし、塩をふる。
A@の野菜がしんなりしたら水気をしぼる。
Bトマトを角切りにしてAの野菜と合わせておいた*で和える。
 味をみて塩で調味したら完成。

ポイント
野菜に塩をふってしんなりさせて水気をしぼること。

生のまま野菜を使用するので
ピーマンなど、生では少々辛み・苦みなどのある野菜は
少量にしておくこと。

くせのないズッキーニが多いといい感じです。

調味料の豆味噌は隠し味なので少量加えてください。
豆味噌がない場合は醤油少々で代用してみてください。


昨日に引き続き、「なんとなく」なレシピになりました。
さっぱりしたラタトィユ、いかがでしょう?

作ってから冷蔵庫で冷やしておいて食べるのもいいですよ〜♪



ちゃーんと作ればカレーもラタトィユも作れる簡単な料理です。

でも、火を使わずして作りたい!
っということでチャレンジしてみました。

そんなレシピもいいですよね〜!?

では明のお野菜たちをご紹介します。 


●日水土セット

●トラストセット

●ハーモニーセット

●すくすく安心子育てセット

●お米のみ(お野菜はトッピングのみ)

※出荷直前にお野菜の内容がかわり、実際のお届け内容と異なる場合があります。
 その際はご理解とご了承のほどお願いいたします。

そうめんカボチャについて
金糸瓜とも呼ばれ、茹でると果肉がそうめん状にほぐれる南瓜で、水分が多く、シャリシャリとした食感が特徴です。甘酢漬けや、サラダや炒めもの、また、そうめん状にせずにさっぱりとした煮物など、「いつものカボチャ」とは違った食感をお楽しみください。
【茹で方】皮つきのまま2-3cm程度の輪切りにし、塩は入れずに水から茹でます。茹で上がったら水にとり、種を取り除き、内側をフォークなどでほぐします。

半白キュウリについて
クセがなく、スッキリした味わいが特徴の半白キュウリ。どんな食材や調味料とも相性は抜群です。皮は硬いので、皮をむいて縦に切り、軽く塩でもんで食べると甘さが引き立ちます。また、軽く塩をふって水分をしぼり、炒めものにもご利用いただけます。

ナシウリについて
見た目は果物のナシのようですが、味わいはサッパリみずみずしく、やさしい甘みが特徴です。皮をむいてスライスし、軽く塩をふっただけで立派な一品。シャリシャリとした食感とさわやかな甘みをお楽しみいただけます。
 なおナシウリは特性上、まれに強い苦味がある場合や、中の種の部分が黒い事があります。見た目での選別が困難なため、お届けしました野菜が食べられないと判断された場合には遠慮なくお申し付けください。

〇空芯菜について
アクが少なくシャキシャキとした食感が特徴の空芯菜。シンプルな味付けでも、ソースと絡めても色々なお料理にご利用いただけます。

〇青ナスについて
ツルンと緑色の肌をした青ナス。とろける食感をもつ青ナスのオススメの食べ方はナスステーキです。
少し厚めの輪切りにし、多めの油でじっくり焼きます。焼くときに少し塩をふっただけで、ナスの甘みととろける食感が味わえます。なお、ヘタに大きめのとげがありますので調理の際には十分にご注意ください。

小布施ナスについて
小布施ナスは長野県北部の小布施町で古くから作られている伝統野菜で、信州名物「おやき」の具にもかかせない食材です。肉質はしまって硬く煮崩れしにくいのが特徴で、煮物、揚げ物、漬物などさまざまな用途でお使いいただけます。

○放射能の自社検査について
専門の放射性物質の検査室を設けて、自社検査を行っています。
こちらのページ>よりご確認ください。
※ハーモニック・トラストHPのトップページからも簡単に移動することができます。

自然栽培では季節の移り変わりや天候など、自然のリズムに合わせることで
土や作物の本来の力を引き出しおいしい野菜を育てます。

一方で入荷などが一定でないことがあり、どうしても前日にならないとお届け内容が確定できません。
より良い宅配になれますよう生産者さんともども改善をしていきたいと考えています。

ハーモニック・トラスト お客様サポート 山崎 由美
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜


ラベル:自然栽培野菜
posted by ナチュラル・ハーモニー at 17:59| 野菜表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。