2011年08月12日

【繋がる命 繋げる責任】今日は[キャベツの種まき]を行いました。その種はもちろん、この春にハーモニー農園でできたキャベツから頂いたもの。自然から搾取するのではなく、還元していくことによって生かされていく そんな自然との関わり方を、私たちはこれからも模索し続けていきます。 

こんにちは。


ハーモニーの畑担当の佐藤です。


昨日は 【 キャベツの種取り 完結編 】 を

そして今日は 【 キャベツの種まき 】 をそれぞれ行なってきました。


CIMG1388.JPG


皆さん こちらの写真を覚えているでしょうか?


そうです 

この謎の植物こそが 皆さんもよくご存知のあの野菜


丸々としたあのキャベツの [成熟] した姿なんです!


(詳しくは 以前アップした キャベツと大根の回 をご覧いただきたいと思います。)


こうして収穫したキャベツの母本なるものを さらに時間をかけて自然乾燥させることによって

木全体に残ったエネルギーと 太陽などの自然のエネルギー それら全てを余すことなく

種の一粒一粒に凝縮させていくのです。


そうしてできあがったものを 今度は 【 選別 】 する作業に取りかかります。

少し時期はずれになってしまいましたが なんとか無事 種取りに漕ぎつけることができました。
 

CIMG1583.JPG
CIMG1584.JPG


こうして ゆすったり叩いたりしながら サヤから種を落としていきます。

パラパラと心地よい音を立てながら 次々と種が落ちていきます。


CIMG1589.JPG


そんな音を聞きつけてか 産地担当の瀧澤が ひょっこり姿を現しました。

見ていないようでいつも見てくれている そんな頼れる兄貴分は 今年で三児の父親となりました(笑)


CIMG1604.JPG


それからさらに 種をふるいにかけたり 風の力や水の浮力を利用しての選別を重ねていくことで

写真のような しっかりと実の入った 良質な種だけを抽出していきます。


そうしてそれらの種を 毎年のように蒔き繋げていくことによって

野菜たちはより 自分たちの畑に合った その土地土地に適応した作物へと 進化を遂げていってくれるのです。


CIMG1618.JPG


私たちの苗床の土は 二年前にハーモニー農園でできた自然栽培の小麦や野菜くずたちを集めて

完熟、風化を繰り返していく中で 完全に[土]に還ったものだけを使っています。


CIMG1619.JPG
CIMG1620.JPG


それらの土をふるいにかけていくことで きれいに整った苗床に仕立てていきます。

そこへ今回取れた種を 一粒一粒 丁寧に蒔きつけていきます。

以上 無事に種取り&種まきを完了することができました。



こうして畑でできた命が そこの畑に還っていくことで

また次の畑の命へと繋がっていく 

そんな命の繋がりというものに 私たちはこれからも真摯に向き合っていきたいと思います。


ただ獲るだけじゃない 命を頂けることに感謝し 命を繋ぎ続けていくことこそが

私たちが自然と[共存]していける 確かな道しるべの一つだと信じているから。



長くなってしまいましたが 今後も随時 こちらに畑の様子をアップしていきます。

どうぞお楽しみに。


最後までお付き合いありがとうございました。


それではまた。

posted by ナチュラル・ハーモニー at 23:54| Comment(0) | ハーモニーの農園報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。