2012年10月12日

自然栽培全国普及会 九州ブロック大会

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△



●九州ブロック大会のご案内

http://www.naturalharmony.co.jp/kyusyu-s.pdf

●お申込はこちらから

http://www.naturalharmony.co.jp/kyuusyu/order.html



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△





自然栽培。





肥料や農薬に頼らず土と作物の本来の力を引き出す農業……





土に施された肥料や農薬などの過去を清算し、

土の歴史に向き合い植物の一生に向き合う農業……





肥料や農薬を使わない分、土や環境や作物やその生き方について

より生産者は観察力を身につけ感性を培う必要があります。





自然栽培をはじめるきっかけは……



●純粋に本来の農業を求めたとき辿りついたという方。



●ただ、おいしいものを作りたくてという方。



●お子様やご家族が、農薬で身体を悪くされたという方。



●農村で農家として心を汚し、やめようと思ったときに

 農家として純粋に生きられる農業を見つけたという方。



●最初は、正直お金儲けを考えてという方。





きっかけは、いろいろあります。





しかし、流通する私たちの経験からいえることは、

自然栽培のすばらしいのは、関わる人の顔が変わることです。





流通していて、自然栽培を取り扱うようになり、年々その量が増え、

作物の品質はよくなってきます。

もちろんさまざまな問題にも直面します。





でも一番いいのは、スタッフの顔が変わることです。

自然栽培を事業の柱として、取り組み意識することで

人が変わってきます。





これは、現場で感じている事実です。





いいものをただいいと伝えるだけの仕事。

そして、向かうべき方向がはっきりとしている。

だから顔が変わってくるのでしょうね。





肥料を使って栽培された作物は

入荷のたびに野菜が痛むこともあり、選果や痛んだ野菜を調整して

少しでも使えるようにする作業に時間をどうしても費やすことになります。





農家さんも、続けていく中で日々、気づきを深められるからだと思いますが、

年々、人が変化していきます。





その変化が、自然に磨かれる変化なので、見ていて心地いいのだと思います。





頭で分かっていても、身体でわかっていなければ

自然にノーといわれます。





つまり作物は元気に育ちません。





自然に添えていなければ、作物は育ってくれません。



わたしも、とうもろこしを自然栽培で育てていて、

虫を飼っているのかと思うくらい、とうもろこしが虫だらけになってしまったことがあります。





肥料・農薬を使わず、

作物が育つことは本来あたりまえなのですが、その当たり前なことを実践するのは

なかなか難しいことです。





だからこそ、

その人が素っ裸で向き合う農業だから、土や作物にそれが写って気持ちいいのだと思います。





ごまかしなし!

理屈はけっこう!





そんな農業に

みなさん人生と経営をかけて取り組むわけだから

人柄に磨きがかかって自然栽培に取り組む方には、

魅力的な方が多いのだと思います。





一方で、

だからこそ、さまざまな課題もあります。





生半可な気持ちではできません。





真剣に取り組んでいても、

まったくいままでの常識と逆だから、

教わる相手もなかなかありません。

孤独と戦わなければなりません。





まわりからの誘惑、中傷に耐え、

地域と調和して生きることが求められます。





そんな中、

多くの先駆者の実績、実践が30年にわたって積み重ねられてきたことは

宝といえることです。





そんな先駆者の経験、特に失敗した経験、今の技術にたどり着いたプロセスは

これからスタートする人にとって、かけがえのない財産となります。





志ある生産者のみなさんが

これ以上、同じ失敗を繰り替えさないようにするために

自然栽培の生産者同士の横のつながりを強化しようと取り組んできました。





ナチュラル・ハーモニーとしても、起業以来自然栽培の普及に邁進してきましたが

先駆生産者の方々、自然栽培に取り組む生産者、応援する消費者、各界の方々と共に

2011年11月11日には自然栽培全国普及会を立ち上げました。





2012年8月には生産者を中心に徐々に会員を募り、活動をはじめています。





このたび、

熊本県において、自然栽培全国普及会 九州ブロック大会を

開催することとなりました。





生産者中心の会となりますが、生産現場の活動に

ご関心のある生活者の方のご参加は受け入れさせていただいております。





自然栽培を志す九州の生産者諸氏はぜひともご参加いただければと思います。

また生活者の方もよろしければ、九州ブロック大会にご参加ください。





奇跡といえば奇跡。

常識の逆といえばまったくの逆。

本来、これが普通で当たり前といえば、あまりにも当たり前。



そんなワクワクする感動と自然に向かう厳しさが田畑の現場にはあります。





「最後にはこれしかない。」



これは九州ブロック副ブロック長の川越 俊作氏の

自然栽培に対する思いです。





もちろん、いろんな農業が必要なのですが、

自然栽培の可能性に心を熱くするのは私達だけではないはずです。





九州はとくに、自然栽培農家が多く活動の盛んな地域です。

いまから九州ブロック大会が楽しみです!





●九州ブロック大会のご案内

http://www.naturalharmony.co.jp/kyusyu-s.pdf



●お申込はこちらから

http://www.naturalharmony.co.jp/kyuusyu/order.html





posted by ナチュラル・ハーモニー at 11:16| Comment(0) | セミナー情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。