2013年04月07日

4月9日(火)野菜表&天然菌の納豆だからこその問題!?

みなさん、こんばんは!

ハーモニック・トラスト お客様サポートの森山です。
いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

本日は、大人気の「わら納豆」がテーマ。

これから、発生率が高まってくる液漏れについて
ご紹介させていただきます。

私たちで取り扱う納豆は、自然栽培の大豆はもちろんのこと、
無農薬のわらにすむ天然の納豆菌のみに醸してもらって
はじめて完成するわら納豆になります。

天然納豆菌による「わら納豆」の詳しい話はこちら

冬が旬の納豆、気温が暖かくなってくると
液漏れが発生してしまう場合があります。

IMG_5942.jpg
実際に、液漏れが発生した写真。茶色く変色したところが液漏れ。

この液漏れの原因は、醗酵が急激に進みすぎてしまったことにあります。

天然の納豆菌で納豆を仕込む場合、
冬場は外気温が低く適度な温度を保ってくれるのですが、
これからの季節は気温の上昇に伴い
納豆菌の活動が活発になることで急に醗酵が進んでしまうことがあります。

化学的に培養され、年間を通して安定的な醗酵が可能な市販品の納豆と違い、
どうしてもこれからの季節は醗酵が不安定になることがございます。

しかしながら、出荷前には厳しく選別をし、液漏れがあるものは出荷停止として対策をとっています。

ただ、お届けまでの輸送中、トラックの乗り換えなどを行う際、
温度変化が起きてしまって液漏れが発生してしまうことがままあります。

多少の液漏れは、食べていただいても全く問題はありません。

とはいえ、お届けした段階で、500円玉以上など液漏れが広く発生している場合、
何よりガッカリしますし、また風味も落ちてしまいますので
代替品の発送、またはご返金対応とさせていただければと思います。

液漏れが発生しないよう、最大限配慮して発送させていただきますが、
もしお見かけの際は、お気軽にお寄せいただければ幸いです。

また、ご自宅の冷蔵庫で保存される際、
冷蔵庫の開閉部分は温度変化が激しいですので
できる限り奥に入れていただくことをおススメしています。

また、わら納豆ごとは大きすぎて保管しにくいという人は、
どんぶりやタッパーに移し替えていただき
ピッチリと蓋を閉めて(冷蔵庫の奥で)保管していただければ
賞味期限まで十分美味しくお召し上がりいただけます。

昔は、天然菌によるわら納豆は冬場の楽しみで、
梅の花が咲き始めだすと作れなかったそうです。

科学技術だけでなく、職人さんの技術も進歩しています。

自然との調和をカギに、
1年中美味しい、「天然菌のわら納豆」を食べていただけるよう
これからも努力を積んでいきたいと思います。

これからもぜひ、「天然わら納豆 豆うまか」をお楽しみくださいね。


では、明後日お届けする野菜の情報をご案内させていただきます。

●日水土セット
2013_0409_HMZ.pdf

●トラストセット
2013_0409_Trust.pdf

●ハーモニーセット
2013_0409_Harmony.pdf

●すくすく安心子育てセット
2013_0409_SUKU.pdf

●お米のみ(お野菜はトッピングのみ)
2013_0409_Rice.pdf

※出荷直前にお野菜の内容がかわり、実際のお届け内容と異なる場合があります。
 その際はご理解とご了承のほどお願いいたします。

ジャガイモについて
中が黒くなっている、もしくは空洞になっているものがいくつか見受けられました。十分に注意して選別を行っておりますが、外側からは判断が難しいため、万が一、お手元にお届けしてしまった場合はお知らせくださいませ。ご返金とさせていただきます。

せとかについて
表面に斑点があるものが多くありましたため、通常よりも価格を下げてお届けしております。食味には問題はございませんので、安心してお召し上がりくださいませ。

シロ菜について
大きく柔らかな葉と白く長い軸が特徴のシロ菜。ハクサイの仲間(不結球ハクサイ、巻かないハクサイ)で、クセが少なく、あっさりしながらも甘みがあります。お浸しはもちろん、浅漬け、炒めもの、スープなど、やさしい甘さと食感をどうぞお楽しみ下さい。  ※シロ菜はとてもしおれやすいので、お手元に届いたときにしおれておりましたら、根元を水につけてください。お急ぎで葉をパリッとさせたい場合は、葉と軸を切り分けて水につけてください。

ニンジンについて
終盤になってきているためか、中にスが入っているものがいくつか見受けられました。十分に注意して選別を行っておりますが、外側からは判断が難しいため、案内の量目よりも多めにお届けしております。万が一食べられないものの割合が多い時には、お申しつけください。返金対応させていただきます。

白紫サツマイモについて
ちょっと変わった白紫サツマイモ。その名前のとおり皮は白く中は紫色をした、さっぱりとした甘さのサツマイモです。調理の仕方は、普通のサツマイモと同じですが、酢と合わせると赤色に、重曹と合わせると群青色に変化するので、色をお楽しみいただく場合はご参考にしてください。

放射能の自社検査について
専門の放射性物質の検査室を設けて、自社検査を行っています。
以下のホームページにてご確認ください。
http://www.naturalharmony.co.jp/trust/M3/top.html
※ハーモニック・トラストHPのトップページからも簡単に移動することができます。


自然栽培では季節の移り変わりや天候など、自然のリズムに合わせることで
土や作物の本来の力を引き出しおいしい野菜を育てます。

一方で入荷などが一定でないことがあり、どうしても前日にならないとお届け内容が確定できません。
日頃より、できる限りの調整を行っていますが、お届け前に事前のお知らせなく欠品となる場合も
ございますので、予めご了承くださいませ。

ハーモニック・トラスト お客様サポート 森山 晃吉
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜
ツイッターはこちら!
ハーモニック・トラストHPはこちら!


posted by ナチュラル・ハーモニー at 19:42| 野菜表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。