2013年05月19日

5月21日(火)野菜表&手作り豆腐のすゝめ

みなさん、こんばんは!

ハーモニック・トラスト お客様サポートの森山です。
いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

スーパーだと100円ほどで買えちゃう豆腐。

でも、実際に作ってみると、実はぜいたく品ってわかる!?

IMG_5452.JPG

本日は、最近はまっている手作り豆腐の作り方をご紹介させていただきます。

はじめは結構大変だけど、慣れてくるとかなり楽しく、
何より美味しくて病みつきになっちゃうかも。


●豆腐(市販サイズ1丁分)の材料

・大豆 300g
・液体にがり 大さじ1杯
・水 2.2リットル

●豆腐作りに使う道具

・ミキサー
・ボウル
・大鍋
・木綿のさらし布袋
・温度計
・小穴のあいた木枠(なければ丸型のザルでもよい)
・木枠用のさらし布(大きめの布巾でもよい)
・おもし(水を入れたコップでもよい)
・落し蓋(木枠に入る豆腐を固めるため)

●豆腐の作り方

1.丸大豆をよく洗い、ボウルに大豆量の3倍量の水とともに漬けます。
 ※豆に芯が残らない程度まで水に漬けることが大切です。

 漬け時間は大切で水温により時間差があります。
 目安は、夏期8〜9時間、春秋15時間、冬季20時間くらい浸けます。

2.ミキサーに水を切った大豆と1で残った水を1/3ずつ加え、2分ほど回します。
  白いドロッとした液体ができあがります。これを「生呉(なまご)」といいます。
  IMG_5264.JPG
  ※この時、どれだけ粒が無くなるまで潰せるかがポイント!

3.生呉を深い鍋に入れ煮ます。

  ※最初強火で、焦がさないようしゃもじを使って丁寧に混ぜてください。
   沸騰してきたら弱火で8分〜10分ほど煮ます。
   よくあるレシピでは、途中ででてくる泡をお玉ですくい取ると書かれていますが、
   自然栽培大豆の場合、私はしません。

4.煮汁を、さらし布袋でボウルの中に充分に絞り出す。
  絞り出した液体が「豆乳」で、袋の中に残ったものが「おから」

  IMG_5300.JPG
  ※結構、おからが沢山できます。味噌汁やカレーに入れても美味しいですよ。
   自然栽培の出来立ておからは、塩をふるだけでおやつにもなります。

5.豆乳を再び鍋に入れて5〜7分ほど加熱します。お鍋の底が焦げないよう注意しながらかき混ぜて
  吹きこぼれないようにとろ火にする。

6.75℃〜80℃になるよう待ち、にがりをまずは2/3ほど回しいれます。
  すーっと、固まっていきますので、数回ゆっくりとかきまぜたら残りのにがりも入れます。
  固まりが弱い場合、少しだけにがりを足します。(入れすぎに注意!)

  ※にがりを入れた際、75度を下回ったり、かき混ぜすぎると、固まりにくくなります。

7.木枠用のさらし布を水でぬらし、木枠に敷いておく。
  あとあと、豆腐を包むのでそのことを考慮して。

8.15分ほど待ち、豆腐の元のような固まり(寄せ豆腐)をお玉ですくい
  7の木枠に入れていきます。すべて入れ終わったら、さらし布で包みこみ
  その上に落としぶたを載せて「おもし」を置きます。

  IMG_5363.JPG
  ※上面の黄色い液体は本来甘くておいしいですが、これが苦ければにがりのいれすぎです。
  ※型に入れる前に味見をしてみてください。出来立ての寄せ豆腐は、作った人の特権です。

9.15分〜20分ほど待ち、豆腐が固まったら、箱からそっと抜き仕上げ布に包んだまま
  水の中に移して仕上げ布を取ります。

10.30分ほど水にさらしたら、お皿に盛りつけて完成です!

  IMG_5378.JPG
  ※余計なにがりを取り除く時間です。この時間によっても、味わいは変わります。


市販の豆腐については、6月25日発行のTumugi(つむぎ)にも詳しくのさせていただいています。

当たり前に食卓に並ぶ豆腐も、一度作ってみると有難さが込み上げてくるかもしれません。

何より美味しいですので、ぜひ一度ご家族やご友人とのイベントとして
お試しいただいてもよろしいかもしれませんよ。


では明後日のお野菜たちをご紹介します。

●日水土セット
2013_0521_HMZ.pdf

●トラストセット
2013_0521_Trust.pdf

●ハーモニーセット
2013_0521_Harmony.pdf

●すくすく安心子育てセット
2013_0521_SUKU.pdf

●お米のみ(お野菜はトッピングのみ)
2013_0521_Rice.pdf

※出荷直前にお野菜の内容がかわり、実際のお届け内容と異なる場合があります。
 その際はご理解とご了承のほどお願いいたします。

キャベツについて
キャベツは、傷みや虫の有無の確認のため外葉をむいています。ご了承ください。

○山東菜について
山東菜ですが、白菜の一種になります。白菜の仲間ではありますが、実が結球しないのが特徴で、埼玉県を中心に栽培されています。おひたしや浅漬けなどでさっぱりとお召し上がりいただくのがおすすめです。今からの時期は、鍋に入れても美味しいです。

専門の放射性物質の検査室を設けて、自社検査を行っています。
以下のホームページにてご確認ください。
http://www.naturalharmony.co.jp/trust/M3/top.html

※ハーモニック・トラストHPのトップページからも簡単に移動することができます。



自然栽培では季節の移り変わりや天候など、自然のリズムに合わせることで
土や作物の本来の力を引き出しおいしい野菜を育てます。

一方で入荷などが一定でないことがあり、どうしても前日にならないとお届け内容が確定できません。
より良い宅配になれますよう生産者さんともども改善をしていきたいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ハーモニック・トラスト お客様サポート 森山 晃吉
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜
ツイッターはこちら!
ハーモニック・トラストHPはこちら!


posted by ナチュラル・ハーモニー at 19:34| 野菜表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。