2013年10月06日

10月8日(火)野菜表&この花はなんでしょう?

みなさん、こんばんは。

ナチュラル・ハーモニーの森山です。
いつも本当にありがとうございます。心より感謝いたします。

本日は、久々の野菜の花に関するクイズです。


こちらは何の花でしょうか?

IMG_3664.jpg

真っ白くて細長いつぼみです。

わずかに見える葉っぱが大きなヒントです。

私も野菜を扱うようになって、はじめてみました。



結構、難しいと思いますので答えを紹介します。

IMG_7346.jpg

空芯菜でした。


東南アジア原産で、日本語での名前はヨウサイ。空芯菜は、中国語となります。
(空芯菜の方がなじみがあるため使わせていただいています)

写真はつぼみですが、成長すると朝顔のような見た目になるので、
朝顔菜と呼ばれたりもしているようです。

汽水域や塩分を含む農地での栽培が可能であることが分かり、
津波の流入した農地での栽培について期待が高まっています。


どの野菜も個性があるように、
花もそれぞれ変わっていたり似ていたりで面白いです。

また、ご紹介いたしますね。



では明後日のお野菜たちをご紹介します。

●日水土セット
2013_1008_HMZ.pdf

●トラストセット
2013_1008_Trust.pdf

●ハーモニーセット
2013_1008_Harmony.pdf

●すくすく安心子育てセット
2013_1008_SUKU.pdf

●お米のみ(お野菜はトッピングのみ)

※出荷直前にお野菜の内容がかわり、実際のお届け内容と異なる場合があります。
 その際はご理解とご了承のほどお願いいたします。

万願寺唐辛子について
名前はトウガラシと言っていますが辛味はなく、ピーマンのような食感と、さわやかな風味が特徴です。赤と緑の色があります。ピーマンのように炒め物などにご利用いただけ、丸ごと焼くのは勿論、さっと茹でて醤油とカツオ節でいただくのもオススメです。なお、黒い色が入っている場合がありますが、品質に問題なくお召し上がりいただけます。

空芯菜について
アクが少なくシャキシャキとした食感が特徴の空芯菜。シンプルな味付けでも、ソースと絡めても色々なお料理にご利用いただけます

マコモダケについて
マコモダケはイネ科の水生植物マコモの若芽です。
ほんのり甘く、タケノコのようなコリコリの食感が特徴。緑色の皮をむいて、白い部分をお召し上がりください。炒め物や煮物、揚げ物などさまざまなお料理でお楽しみいただけます。尚、収穫時期の中盤をむかえると、マコモダケの繊維に黒いものが見られる場合がございます。これはマコモダケが生育上で膨らむための要素であり、食べても問題がありません。安心してお召しあがりください。

○サツマイモの保管について
冷えから守るため、袋に入れて出荷しています。袋のまま保管すると、カビが生えやすいため、お受け取り後は袋から出し、新聞紙などでくるんで保管してください。

棚原さんのキュウリについて
棚原さんのキュウリは、地に這って生長する伝統野菜です。日の当たり具合により皮の色づきにムラが出たり、大きく曲がったりしていますが、地這えキュウリならではのものです。栽培に面積が必要となるため、地這えキュウリを見かけることは少なくなりましたが、棚原さんは「美味しいからね」とこだわりで作り続けてくださっているキュウリです。

○放射能の自社検査について
専門の放射性物質の検査室を設けて、自社検査を行っています。
以下のホームページにてご確認ください。
http://www.naturalharmony.co.jp/trust/mission_zero/results.html
※ハーモニック・トラストHPのトップページからも簡単に移動することができます。

自然栽培では季節の移り変わりや天候など、自然のリズムに合わせることで
土や作物の本来の力を引き出しおいしい野菜を育てます。

一方で入荷などが一定でないことがあり、どうしても前日にならないとお届け内容が確定できません。
より良い宅配になれますよう生産者さんともども改善をしていきたいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ハーモニック・トラスト お客様サポート 森山 晃吉
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜
ツイッターはこちら!
ハーモニック・トラストHPはこちら!


posted by ナチュラル・ハーモニー at 15:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。