2014年02月05日

2月7日(金)野菜表&野菜だけでクリームニョッキを!

みなさん、こんばんは!

 

ハーモニック・トラスト お客様サポートの山崎です。

いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

 

今日はニョッキを作りました。

もちもちのニョッキ、それもクリーム系を作りたい。

そう思って考えたのが、これです!

 

ベジクリームニョッキ

 

画像 802.jpg

 

 

<材料>

・ジャガイモ    2個

・カブ       3〜4個

(聖護院ダイコンでも代用可能)

・玉ねぎ      2個

・塩        適量

・酒粕       大さじ1

・白味噌      大さじ1弱

・オリーブオイル  大さじ2(クリーム用)

・コショウ     少々

・米粉       100g程度

(小麦粉でも代用可能)


<作り方>

@野菜を重ね煮します 

 野菜を5o程度のスライスにして鍋に重ねていきます

 下から、玉ねぎ、カブ、ジャガイモの順番で最後に塩を一つまみ

 弱火で30分程度蒸します

Aジャガイモを取り出し、つぶして米粉、塩少々を加えてこねてまとめておく

B@の鍋に酒粕、白味噌、オリーブオイルを加えてつぶしながら加熱して水分をとばす

 味をみて塩、こしょうで仕上げる

CAを一口大に丸めて沸騰したお湯で茹でていきます

(丸めたものをフォークの背でつぶすようにしてお湯へいれます)

 茹であがったらザルにあげてオリーブオイルをからめておく

DCにBをかけて完成


ポイント

重ね煮からの変身です。

下準備を一つの鍋ですることで一体感もでます。

そして野菜だけでクリーム系にするために旨味として酒粕と味噌を使用


米粉でなく小麦粉を使う際は米粉より若干大く必要になります。

こねていき、様子を見ながら作ってください。

耳たぶより若干固めなイメージです。


ニョッキには卵を使うし、クリームには乳製品を使うし

なかなかハードルが高いものですが、

野菜だけでもなんとか似せて作ってみました。


こうしてあるもので作るのは大変ですが楽しいです♪

試行錯誤で色々ご紹介したいと思いますので

見て下さるかたにも楽しんでいただけると、とても嬉しいです!


 

では明後日のお野菜たちをご紹介します。


●日水土セット
2014_0207_HMZ.pdf

●トラストセット
2014_0207_Trust.pdf

●ハーモニーセット

●すくすく安心子育てセット

●お米のみ(お野菜はトッピングのみ)
2014_0207_Rice.pdf

※出荷直前にお野菜の内容がかわり、実際のお届け内容と異なる場合があります。
 その際はご理解とご了承のほどお願いいたします。

シロ菜について
大きく柔らかな葉と白く長い軸が特徴のシロ菜。ハクサイの仲間(不結球ハクサイ、巻かないハクサイ)で、クセが少なく、あっさりしながらも甘みがあります。お浸しはもちろん、浅漬け、炒めもの、スープなど、やさしい甘さと食感をどうぞお楽しみ下さい。※シロ菜はとてもしおれやすいので、お手元に届いたときにしおれておりましたら、根元を水につけてください。お急ぎで葉をパリッとさせたい場合は、葉と軸を切り分けて水につけてください。

安納芋について
安納芋は、種子島原産のさつまいもです。高水分で、焼くとまるでクリームのように ネットリとした食感になります。時間をかけて上手に焼くと、糖度が40度前後にもなるものもあり、そこから蜜芋などとも呼ばれ人気のサツマイモです。30分から40分かけてゆっくりと焼いたり蒸したりすると、とても甘みが出て美味しく召し上がれます。

サツマイモの保管について
冷えから守るため、袋に入れて出荷しています。袋のまま保管すると、カビが生えやすいため、お受け取り後は袋から出し、新聞紙などでくるんで保管してください。

サトイモ(親芋)について
「種芋」を植えて栽培する里芋。その種芋を「親芋」と言います。通常よく目にする子芋とは一味違ったホクホクとした味わいをご賞味ください。

菊芋について
菊芋はキク科ヒマワリ属の多年草で、食用になるのは塊茎の部分です。花やイモの切り口が菊に似て、地下に多くの芋が出来ることなどから日本では菊芋(キクイモ)と呼ばれています。 薄くスライスして油炒めや、味噌漬けにしておいしくいただけます。保管の際は、土をつけたまま冷蔵庫に保管してください。

聖護院ダイコンについて
カブのように丸い形をした聖護院ダイコン。煮ると柔らかくホクホクとした味わいになり、ふろふき大根や田楽、おでん、煮物などオススメです。聖護院ダイコンのもつ風味と甘みをどうぞご賞味ください。

タアサイについて
タアサイは、ながい葉柄に丸い葉をつけたその形から「杓子菜(しゃくしな)とも、2月に霜にあたって甘みが増すことから「如月菜(きさらぎな)」とも呼ばれます。炒め物はもちろん、鍋やスープにも、またトロミをつけたあんかけにも、2月においしさの増すタアサイをどうぞお楽しみください。*火が通りやすいので、お好みに応じて火の通し加減を調節ください。

○放射能の自社検査について
専門の放射性物質の検査室を設けて、自社検査を行っています。
以下のホームページにてご確認ください。
http://www.naturalharmony.co.jp/trust/mission_zero/results.html
※ハーモニック・トラストHPのトップページからも簡単に移動するこ
とができます。

自然栽培では季節の移り変わりや天候など、自然のリズムに合わせることで
土や作物の本来の力を引き出しおいしい野菜を育てます。

一方で入荷などが一定でないことがあり、どうしても前日にならないとお届け内容が確定できません。
より良い宅配になれますよう生産者さんともども改善をしていきたいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ハーモニック・トラスト お客様サポート 山崎 由美
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜
ハーモニック・トラストHPはこちら!
 



 


posted by ナチュラル・ハーモニー at 19:42| 野菜表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。