2014年05月02日

5月4日(日)野菜表&乾田苗代でのお米作り

みなさん、こんばんは。


ハーモニック・トラスト お客様サポートの森山です。

いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。


今年から新たに借りた田んぼの種まきをしましたが、

その方法がちょっと変わっているのでご紹介します。


普通は、苗箱と呼ばれる育苗箱に種をまいて、

苗をまとめて作ります。

(田植え機などに積まれている緑のカーペットみたいなものです)


ですが、今回は乾田苗代という昔ながらのやり方にチャレンジしてみました。


DSC_8619_small_small.jpg

まずは、田んぼの中にベットと呼ばれる高さ30cmほどの育苗床を作り、

表面が乾いたら土を砕いて粒子を細かくしていきます。

(本来は秋から冬にこの作業をしますが、時間がないので1週間ほど前に行いました)


続いて、手やトングで1粒1つぶ種を置いていきます。



DSC_8645_small_small.jpg


教えていただいた農家さんに聞いたところ、


「昔の農業は収量がなければ首を吊ったり

家族を身売りしなくてはならなかったり、

いまよりももっともっと農業に対して真剣だった。」


とのこと。



沢山作る場合は、機械の手を借りるほかありませんが、

小さい面積で育てる場合は、

1粒1つぶを活かすことに注力することも大切だなと感じました。


粒が重ならないよう種をまいたら、

刈ってきた青草を上にかぶせていきます。

DSC_8734_small_small.jpg

草をかぶせ終わったら、ベニヤ板などで草と土を圧着させます。

DSC_8746_small_small.jpg

最後に、保湿と草の飛散を防止するために寒冷紗(ネット)を

かぶせて、後は発芽をひたすら待ちます。


DSC_8804_small_small.jpg

これは昔ながらの水田用の苗作り。


育苗用の土を準備する必要も、ハウスなどの準備も、種の浸水も水遣りも、

不要な方法です。


ただ、種を1粒1つぶまくのはかなりの手間ですし、

育苗用のベッドを水を引く前の田んぼに作るので

場所の自由度が無くなるといったデメリットがあります。


今年は、実験の意味も込めてはじめています。


通常よりだいぶ遅くなってしまったことなどから、

使えなくなることも想定して、苗箱での苗作りも用意しています。


2週間後ぐらいから芽が出始め、

1ヵ月経過したころから寒冷紗をはずす予定。


また、随時ご紹介させていただきますね♪



では明後日のお野菜たちをご紹介します。

 
●日水土セット

●トラストセット

●ハーモニーセット

●すくすく安心子育てセット

●お米のみ(お野菜はトッピングのみ)

※出荷直前にお野菜の内容がかわり、実際のお届け内容と異なる場合があります。
 その際はご理解とご了承のほどお願いいたします。

シロ菜について
大きく柔らかな葉と白く長い軸が特徴のシロ菜。ハクサイの仲間(不結球ハクサイ、巻かないハクサイ)で、クセが少なく、あっさりしながらも甘みがあります。お浸しはもちろん、浅漬け、炒めもの、スープなど、やさしい甘さと食感をどうぞお楽しみ下さい。※シロ菜はとてもしおれやすいので、お手元に届いたときにしおれておりましたら、根元を水につけてください。お急ぎで葉をパリッとさせたい場合は、葉と軸を切り分けて水につけてください。

ノラボウ菜について
ノラボウ菜はアブラナ科の一種で、春に出てくる「とう立ち」を折り取って収穫されます。柔らかい花茎に甘さがつまっており、歯ごたえとクセのない味が特徴です。また、ほんのり苦い蕾も春の予感を感じさせる味として人気があります。
お浸しで食べるのが一番のおススメの食べ方ですが、煮物、和え物、汁物など幅広くご利用いただけます。また油との相性もいいので、炒めものや天ぷらなどでもお楽しみいただけます。

カキ菜について
茎の部分を手で欠いて収穫することから「カキ菜」と呼ばれるようになり、地元では春を呼ぶ野菜として親しまれています。苦味が少なく、ほのかな甘みが感じられます。味にクセがないためどんなお料理にも合い、茎の部分のシャキシャキとした食感も魅力のひとつです。茹でておひたしにしたり、天ぷらにして食べると美味しくいただけます。

サツマイモの保管について
冷えから守るため、袋に入れて出荷しています。袋のまま保管すると、カビが生えやすいため、お受け取り後は袋から出し、新聞紙などでくるんで保管してください。
○放射能の自社検査について
専門の放射性物質の検査室を設けて、自社検査を行っています。
以下のホームページにてご確認ください。
http://www.naturalharmony.co.jp/trust/mission_zero/results.html
※ハーモニック・トラストHPのトップページからも簡単に移動することができます。

自然栽培では季節の移り変わりや天候など、自然のリズムに合わせることで
土や作物の本来の力を引き出しおいしい野菜を育てます。

一方で入荷などが一定でないことがあり、どうしても前日にならないとお届け内容が確定できません。
より良い宅配になれますよう生産者さんともども改善をしていきたいと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ハーモニック・トラスト お客様サポート 森山 晃吉
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜

 ツイッターはこちら!

ハーモニック・トラストHPはこちら!


posted by ナチュラル・ハーモニー at 19:43| 野菜表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。