2015年03月23日

3月25日(水)野菜表&続ぬか漬け

みなさん、こんばんは。
ハーモニック・トラスト お客様サポートの山崎です。

いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

昨日はぬか床の作り方をご紹介しましたので、
今日はぬか漬けのアレコレをご紹介します。

質問形式でいきたいと思います!

@毎日かき混ぜなくちゃいけないの?

・ぬか床が出来てしまえば
 2〜3日はかき混ぜなくても大丈夫です。
 きれいな布巾などをのせて冷蔵庫にしまっておけば問題ありません。
(水を吸わせるために布をのせるのでその水分は捨ててしまいます)

A野菜から出る水分はどうするの?

・足しぬかをしてその水分を吸ってしまう。
・きれいな布巾で吸ってしまう。
・ぬか床にくぼみを作ってそこに水分をためてそれを捨てる。

以上のやり方で対応できます。

B入れてはいけない野菜はあるの?

・粘りのでるもの、苦みの強いものは避けたほうが無難です。
 漬けたいときは小分けにしてその野菜のみで漬けることをおすすめします。


そして一番なのが、ぬか床をちょっと味見してみること。
美味しいぬか漬けが出来上がったらそのぬか床を味見して覚えておくのです。

すると塩の加減もわかります。
やわらかさから水分の抜き加減もわかります。

野菜の種類や漬ける頻度によって
そして何より好みによって作りたいぬか床は違うと思います。

味見をしながら育てていってみてください。

ぬかも、ぬか床も美味しいものでないと
美味しいぬか漬けは出来ません。

考えてみればそうですよね〜。

ぜひ、美味しいぬか漬け作ってみてくださいね♪


では続いて私のお気にいりのぬか漬けをご紹介したいと思います。


ぬか漬けを刻んでふりかけにしちゃいます。

このぬか漬けがあるとごはんがすすむ、すすむ!

017.jpg




かぶの葉のぬか漬け

012.jpg

<材料>
・かぶの葉ぬか漬け    お好み量
・しょうがぬか漬け     お好み量
・炒り胡麻          お好み量
・醤油             少々

<作り方>
@かぶの葉、しょうがのぬか漬けのぬかを洗って、粗みじん切りにする。
A@の野菜と炒り胡麻を合わせて、味をみて醤油r少々を加える。
*醤油は風味付け程度がおすすめです。

かぶの葉を漬けるときは
ばらばらにならないように実の部分を少し付けて漬け込むといいですよ。
そして輪ゴムなどでしばってまとめておくと取り出すときに便利です。



今はにんじんも美味しいですねえ。
何本か入れて、日にちをずらして食べていくと
醗酵具合によって味が変わるので楽しいですよ〜。


ぬか漬け、育てているうちに色んなことが起こりますが
それを楽しんで欲しいと思います♪

失敗したら笑ってしまえばいいんです。
作り直すことも出来ます。

ぬか漬けを失敗しても、大したことじゃないですもの。
菌から色々教えてもらっちゃいましょう!

では明後のお野菜たちをご紹介します。 


●日水土セット

●トラストセット

●ハーモニーセット

●すくすく安心子育てセット

●お米のみ(お野菜はトッピングのみ)

※出荷直前にお野菜の内容がかわり、実際のお届け内容と異なる場合があります。
 その際はご理解とご了承のほどお願いいたします。

〇シロ菜について
大きく柔らかな葉と白く長い軸が特徴のシロ菜。ハクサイの仲間(不結球ハクサイ、巻かないハクサイ)で、クセが少なく、あっさりしながらも甘みがあります。お浸しはもちろん、浅漬け、炒めもの、スープなど、やさしい甘さと食感をどうぞお楽しみ下さい。※シロ菜はとてもしおれやすいので、お手元に届いたときにしおれておりましたら、根元を水につけてください。
葉と軸を切り分けて水につけると、短時間でパリッとした仕上がりになります。

菜花について
花が少し咲き始めた頃に収穫をする菜心。
クセがなく、炒め物や、お浸し、和え物、酢の物など幅広くご利用いただけます。どうぞ色々なお料理でお楽しみ下さい。

〇アーサイについて
アーサイは高菜の一種で蕾(つぼみ)の形に似た脇芽ができることから、子持ち高菜とも呼ばれています。生で食べるとほんのり辛味を感じますが、火を通すと甘みが増します。サッと茹でたり、炒め物や天ぷら、スープに入れたりと様々な調理法でお楽しみください。

〇菊芋について
菊芋はキク科ヒマワリ属の多年草で、食用になるのは塊茎の部分です。花やイモの切り口が菊に似て、地下に多くの芋が出来ることなどから日本では菊芋(キクイモ)と呼ばれています。 薄くスライスして油炒めや、味噌漬けにしておいしくいただけます。保管の際は、土をつけたまま冷蔵庫に保管してください。

カラシ菜について
ピリっとした辛みが特徴の「カラシ菜」。サッと茹でて、塩または醤油につけた塩漬け・醤油漬け。そのまま漬物でもよいですが、細かく刻んでご飯に混ぜたり、葉の部分だけをおむすびに巻いたり。生の葉を塩で揉んだだけでも風味と香りのより塩漬けになります。また、魚料理とも相性がよいので、焼き魚にカラシナのお浸し、干物をさいたものにカラシ菜をちぎって混ぜてダイコンおろしを添えたりと、色々な調理方法でピリっとした辛さをお楽しみください。

○放射能の自社検査について
専門の放射性物質の検査室を設けて、自社検査を行っています。
こちらのページ>よりご確認ください。
※ハーモニック・トラストHPのトップページからも簡単に移動することができます。

自然栽培では季節の移り変わりや天候など、自然のリズムに合わせることで
土や作物の本来の力を引き出しおいしい野菜を育てます。

一方で入荷などが一定でないことがあり、どうしても前日にならないとお届け内容が確定できません。
より良い宅配になれますよう生産者さんともども改善をしていきたいと考えています。

ハーモニック・トラスト お客様サポート 山崎 由美
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜


posted by ナチュラル・ハーモニー at 18:10| 野菜表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。