2015年07月23日

<レシピ>なすの目からうろこの調理法

みなさん、こんばんは。
ハーモニック・トラスト お客様サポートの山崎です。

いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

今日は今が旬のなすのレシピをご紹介したいと思います。

調理法のヒントをある方に教えていただき、
野菜の使い方を野菜に教えてもらいました。


私はなすは炒めるか、蒸すか、蒸し焼きかで調理することが多いです。
なすの味噌炒め、野菜の蒸し煮、じっくりソテーなど。

茹でるという調理法はあまりしませんでした。

なすは水分の多い野菜なので
茹でると水をきってもなんだか水っぽくなるようで
旨みも流れてしまうようで……。

でも、違ったんです!

先日、ある方に教えてもらったんです。
切らずにそのまま丸ごと茹でれば美味しいということを!

目からうろこでした。

カットして茹でるから水っぽくなるし、旨みも逃げてしまうんですね。

そのある方とは
ナチュラル・ハーモニーともつながりの深い
群馬県の「サンデールム」の星野さんです。
こちらのお店は自然に沿った衣食住を提案する素敵なお店です。

先週、星野さんの「毎日のごはんレッスン」に参加させていただいたのです。
その際に教えていただきました。

野菜への愛情がいっぱいで自然栽培への想いがいっぱいで
楽しくてあっというまのレッスンでした。

星野さんってどんな人?
って聞かれたら……。

「気持ちいいい人!」

って答えます。

素敵な人って言いつくせないからこんなに曖昧な表現になっちゃいますよね〜。


そして今回のレシピは野菜にも教えてもらいました。

なすと玉ねぎを合わせたのですが、
私はこれまで生の玉ねぎとなすを合わせたことはありませんでした。

なすとみょうが、生姜、大葉、わけぎなどは
シンプルな和え物で合わせることはありましたが
玉ねぎは味噌炒めでしかなすと合わせることはしませんでした。

でも、赤玉ねぎに教えてもらいました。

なすを茹でたものにみょうがと醤油を和えて食べたいなあっと思ったのですが
みょうががない……。

ふと見ると色合いが若干似ている赤玉ねぎがそこに!

そこで使ってみました。

赤玉ねぎの色を見せたくて作ったものが
新しい組み合わせを私に教えてくれました。


なすのピンク和え

005.jpg

<材料> 
・なす        中1本
・赤玉ねぎ     1/2個
・塩          少々
・和み酢       小さじ1
(酢:小さじ1弱 砂糖:小さじ1/2でも代用可)
・梅干し       1〜1/2個

<作り方>
@なすを丸ごと茹でる。
A赤玉ねぎをスライスし塩をふってしんなりさせる。
BAの玉ねぎの水気をしぼって和み酢、たたいた梅干しを混ぜる。
C茹であがったなすをザルにあげ、軽く水にさらして
 水気をふいて食べやすい大きさにカットする。
DBとなすを和え、少し寝かせたら完成。

ポイント
なすの調理法。
まるごと茹でることです。
浮いてきますが、落し蓋をしてもいいし、
菜箸で転がしながら茹でることも出来ます。
そんなに気にしなくても
ちょんちょんと菜箸でつつきながら茹でれば問題ありません。

茹で具合は触ってみて
ちょうどいい具合の柔らかさで取り上げてください。
ぎゅっと押してみて凹むくらいといいますか……。

もし取り上げてカットしたら
まだ火の通りがあまいとなれば塩もみしてもいいと思います。

ちなみに自然栽培のお野菜たちは
火の通りがあまくても、通り過ぎでも大丈夫なんですよね。
懐が広いというか……。

もちろんちょうどいい具合で調理するのが一番ですがね〜♪


そして赤玉ねぎがない時は普通の玉ねぎで作って、
酢ではなく醤油、
そして梅干しでなくて大葉で和えても美味しいと思います。
ごま油を足しても美味しい気がします。

なすと生の玉ねぎも合うことがわかって嬉しかったです!

今日も野菜とみんなに感謝です!

☆明後日のお届けはございませんので野菜表の添付もございません。


ハーモニック・トラスト お客様サポート 山崎 由美
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜
posted by ナチュラル・ハーモニー at 17:24| レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。