2015年08月13日

<レシピ>常備菜C

みなさん、こんばんは。
ハーモニック・トラスト お客様サポートの山崎です。

いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

今日は甘長とうがらしを使って常備菜を作りました。

万願寺とうがらしや甘長とうがらしの佃煮って美味しいですよね。
炒めてから醤油とみりんで味をつける炒め煮で、
大好きな常備菜です。

でも、それ以外でもをおいしく食べたいなあっと思って作ってみました。

みりんや砂糖などの甘みを使わないで作っていきます。

甘長とうがらしの炒め味噌煮

003.jpg

<材料>
・甘長とうがらし    150g
・油           適量
*麦味噌       大さじ1/2
*酒          大さじ1
*水          大さじ3

<作り方>
@フライパンに油をひいてを弱火でじっくり炒める。
Aしんなりしたら合わせておいた*を加えて味をからめる。
(一旦火を止めてから加えると*が飛び散りません)

ポイント
麦味噌。
米味噌よりやや甘めなので酒と合わせるだけで
作れちゃいました。

もちろん、米味噌とみりんとで作っても美味しいですので
お好みで作ってみてくださいね。

冷蔵庫で3〜4日は保存できるかと思います。

ごはんがすすむ味ですよ〜♪


そして今日はもう少し料理のお話を……。

ラタトィユを作ったのですが、

アンチョビを使って作ったのです。
これが思った味と違ったんです。
もっとガツンとするのかと思いきや、
まろやかな味に仕上がっていたんです。

オリーブオイルでにんにくとアンチョビを弱火でじっくり炒めて
(アンチョビを溶かすまで)
野菜たちに塩をふってこれまたじっくり火を通したのですが
なんだかまろやかな味に仕上がってたんです。


021.jpg

アンチョビでのラタトィユもいいですよ〜♪

今回はなす、ズッキーニ、半白きゅうり、トマトで作りました。
いつも玉ねぎは入れるのですが今回はなしで作りました。
トマトと玉ねぎ、なす、ズッキーニは必須っと思ってましたが
玉ねぎがなくても美味しかったです。

じっくり野菜を炒めるとそれだけで美味しいですものね。

ラタトィユも常備菜ですね〜。


夏野菜、そのまましまっておくよりも
新鮮なうちに調理して常備菜にしてとっておくのもありです!

お好みに合わせて夏野菜、楽しんでくださいね。


★明後日のお届けがございませんので野菜表の添付はございません。

ハーモニック・トラスト お客様サポート 山崎 由美
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜
posted by ナチュラル・ハーモニー at 17:55| レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。