2015年08月27日

<レシピ>夏レシピB

みなさん、こんばんは。
ハーモニック・トラスト お客様サポートの山崎です。

いつも本当にありがとうございます。心から感謝しております。

今日はちょっとびっくりな一品です。
インパクト大なメニューですよ〜!

真っ黒です。
さてこれはなんでしょう。

003.jpg



ちょっとやり過ぎました。


そして……。

おむすびにしたらちょっと怖かったです。

こんな感じ。

008.jpg


ちょっとインパクト強すぎました。

そこでこんな感じに仕上げてみました。


001.jpg

(上記写真は1人分)


古代米ライスサラダ

<材料> 2〜3人分
・古代米        1/2合
・玄米         1/2合
・じゃがいも      中3個
・塩           少々

・トマト         大1個
・ピーマン       中1個
・空芯菜        1/3袋分(葉の部分使用)
*オリーブオイル   大さじ2
*酢           大さじ1
*塩           ひとつまみ

<作り方>
@米を炊飯器にセットし1.5cm程度の角切りのじゃがいもをのせて
 通常通りに炊飯する。
A炊き上がったら粗熱をとっておく。
Bトマト、ピーマンを粗みじん切りし、空芯菜をざく切りにする。
CAのごはんが冷めたらカットした野菜をトッピングして
 合わせておいた*をかけて完成。

ポイント
古代米とじゃがいも。

今回の写真は古代米を1合で作ったものですが
レシピでは加減して古代米と玄米を半々にしました。
1合はやり過ぎでしたので……。

赤飯は白いお米にささげの色がついてますよね。
その逆を作りたかったんです。
紫のお米がじゃがいもを染めてしまうというごはんを作りたかったんです。

そしたら思いのほか色が凄いことに!

炊飯器のフタを開けてびっくりしました!

お米と同じくらいの量のじゃがいもを加えたのですが
見事な染まりっぷりに脱帽です。

自然の色なのに凄いパワー。

そこにまた元気な色の夏野菜をのせたらますます凄いことに!

ちなみに自然栽培のお野菜って加熱することが多い野菜でも
生でいけちゃうことが多いんです。
ピーマンもかぶりつきたくなっちゃいます。
空芯菜だって生でサラダみたいに食べられちゃいます。
(私の個人的な感想ですが……)
手にしてそのまま口に持っていってしまう私は
しみじみ動物だなあっと思います。

そして
今日も自然の凄さに圧倒されて感動させてもらったのでした。
野菜に感謝、生産者さんに感謝、自然に感謝です!


★明後日のお届けはございませんので野菜表の添付はございません。

ハーモニック・トラスト お客様サポート 山崎 由美
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜 自然を知ることは不自然を見抜くこと 〜
ツイッターはこちら!
ハーモニック・トラストHPはこちら!

posted by ナチュラル・ハーモニー at 18:01| レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。